アフリカ最大の感染症マラリアって何?

協力隊活動

Bonjour,

皆さんこんにちは。世はコロナウイルスの話題で持ちきりですね。そんなコロナウイルスの影響もあり、我々協力隊員はまさかの全隊員一時帰国。。。帰国してからも暗いニュースばかりで気が滅入ってしまいます。一刻も早く収束することを心から祈るばかり。我が任国カメルーン にも早く帰れますように!!

さて、今回ですがアフリカの民、アフリカに訪れる民がこぞって恐れる病気「マラリア」についての記事を書いていきたいと思います。

何を隠そう私、しれっとマラリアにかかってしまいました。いやまじで大失態です。記事を書いている今はすでに退院(通常マラリアにかかった際は入院)し体調も安定しています。

あんまり面白おかしく書くのは、当人の意思にも反しますし、はばかられるので真面目に書いていこうと思います。よろしくお願いします!!

マラリアとは?

そもそもマラリアって何なのよ。僕も耳にしたことはありましたが、いまいち実態を掴めずにいました。マラリアとは、「マラリア原虫という寄生虫によって引き起こされる病気」のことを言います。

ハマダラカという蚊を媒介して感染し、メスのハマダラカが産卵する際の吸血のタイミングで、マラリア原虫がヒトの体内に侵入します。すごく分かりやすい図があったのご紹介します。

【参照】https://atm.eisai.co.jp/ntd/malaria.html

2017年WHO(世界保健機関)の報告によると、世界中で2億1,900万人のマラリア患者がおり、推定マラリア死亡者数は435,000人にも登ります。そのうちの92%が僕が活動の拠点としているアフリカ大陸で発生しており、感染リスクは比較的高いと言えます。

【出典】WHO2018年世界マラリア報告書
【出典】WHO2018年世界マラリア報告書

マラリアの語源ですが、「悪い空気」という意味の古いイタリア語:(mala aria)が由来となっているそうで、昔は日本でも大流行した病気でしたが、1950年代にマラリアの終息が宣言されています。いや、今日の日本でも流行していたかと考えると恐ろしいですね(汗)

マラリアの種類

マラリアの種類は大きくわけて4つあると言われています。

熱帯熱マラリア」「三日熱マラリア」「卵形マラリア」「四日熱マラリア」        

中でもアフリカ地域においては、症例の90%以上が「熱帯熱マラリア」で、マラリアの中でも最も致死率の高い病気です。ほっとくと重症化して死にます。これマジです。アフリカ地域でお仕事される方、予定されている方はもちろんご存知かと思われますが、、

俺はマラリアかからないし、大丈夫だから

とかすっとぼけたこと言ってる人がまずかかって死にます。何の根拠もない自信ほど怖いものはありませんのでご注意を!

ただ、重症化する前に治療すればほぼ確実に治るので、早期発見が大事です!!マラリア流行地域に滞在し、38度以上の高熱が少しでも続くようであればマラリアをまずは疑いましょう。

マラリアの感染が懸念される地域に派遣される協力隊員は、このようなマラリア検査キットが配られます。

簡易にマラリア感染の有無を知ることができるので、今後使用することがあるかと思います。

マラリアの症状

マラリアの主な症状としては、高熱、頭痛、悪寒、吐き気、体全体の倦怠感、関節痛などなど。多分皆さんが思っている以上にしんどいです。協力隊の研修期間中に担当だった語学クラスのセネガル人先生が、

マラリアのつらさに比べたら、インフルエンザのなんて鼻くそレベルだよ

みたいなこと言ってましたが、自身がマラリアにかかってその意味をよく理解することができました。

マラリアはね。。。。

しんどい!!!!!

この一言に尽きる。僕の場合は早期に発見で、軽症だったんですが「軽症でこれかよ」と思いました。(*症状には個人差にがあります)

毛布3枚被ってもガタガタ震えるし、40度の高熱3日間出るし、頭キーンって鳴るしで全く良いことないです。。。

人生に一回はマラリアにかかってみたいんよな!

なんて言ってるそこのお調子者で能天気なお馬鹿さん。絶対にやめましょう。貴方だけじゃなく、周りにも多大なる迷惑がかかります。しっかりと予防に勤しんで下さい。

あっ、でもい言い訳じゃないんですけど、かかる時はかかってしまうみたいです。。。

マラリアの感染経路

冒頭に少し触れてましたが、メスのマラリア原虫を持ったハマダラカを媒介として感染します。飛沫感染などで、人から人へマラリアがうつることはありません。

患者の血をハマダラカが吸い、別の人の血を吸い感染する。あくまでも蚊を媒介として感染者数が増えるのです。これを避けるためにも感染が判明した時点で、当人がまず蚊に刺されない状態を確保することが大切になります。

マラリアを媒介する蚊はこのハマダラカという種類の蚊。ここで、ハマダラカとじゃない蚊の見分け方を伝授いたします。。

①ハマダラカは夜行性
②ハマダラカは低空しか飛べない
③吸血する時に後ろ足を上げる

最後の③に関しては、③に気づいた時点で既に吸われてるんで予防の点に関していうと意味ないです。豆知識程度にどうぞ笑

マラリアの予防方法

方法は単純明快!これまでの知識を踏まえた上で、ハマダラカに刺されないこと!!

①寝る時は蚊帳の中で!!
②蚊の気配を感じる時は、押すだけベープを刺されたくない気持ちを込めてプッシュ!!
③できる限り長袖長ズボンを着用!!

これで貴方もマラリアにさよならgood bye!!

最後に

マラリア予防に対する予備知識を入れ、しっかりと対策を講じたとしてもマラリアにかかる時はかかります

しかし、この記事を最後まで読んで頂けた皆様であれば、マラリア感染のリスクを最大限抑えることができるかと思います。皆様がマラリアとは無縁の、安全で快適なライフを送れますことを心よりお祈り申し上げます!

コメント