国際協力って何なんw?

協力隊活動

Bonjour, 

ご無沙汰の投稿になってしまいましたが、ここカメルーンではいよいよ本格的な雨期が到来しようとしています。家の中に砂埃が入ってこなくなるし、暑さは落ち着くし、活動先の農家さんも気合入ってきてるしで嬉しい限りです。

そして、生活環境にはなれ心にも余裕が出てきた同時に、自分の中で色んな疑問が生じてきて「何なんw」と思うことが増えてきました。

ちょっと思考整理のため・ストレス発散のため自分の思いの丈をここに吐き出していこうと思います。

自助努力を促すって何なんw?

協力隊員として活動する前、職種別研修や訓練所で口酸っぱく言われてきたこと

現地の人間の自助努力を促すんやで!!

なんか響きはかっこいいんですけど、いまいちピンと来ていなかった私自身のため意味をちょっと調べてみました。

自助努力とは・・・・

「発展途上国が自らの経済社会開発のために行なう自らの努力。先進国や国際機関による援助はあくまで自助努力を補完するものであり,自助努力がなければ援助の効果も期待できない・・・(以下省略)」【出典:ブリタニカ国際大百科辞典】

国際協力業界においては、このような意味で使われているんではないかと察します。

海外の援助団体とかが入ってきて、giveをし過ぎる風潮があります。それに慣れしまうと「与えてもらって当たり前」という感覚が身についてしまい、それに頼りっきりになってしまう。

援助慣れ」なんて言葉がこういった状況を表現するのによく使われたりするのもこのような背景から来ているんですかねきっと。

それもあって協力隊員は、

「自助努力を促して、脱援助慣れを目指そう!現地の人間に彼らの力だけで、自主的に動いてもらえるように働きかけていこ!

みたいなことをよく言われている気がします。(あくまで個人的な印象です。) 

いや、確かにめっちゃ理想だし、自分もここカメルーンに来る前までそう思ってました。でもね、「環境を変える」なんて20代の若者が、カメルーンの40−50代の大先輩に吠えたところで相手にされない。諭すなんてもってのほか。

むしろお前何なんwっていう目で見られる。

しかも、ここカメルーンにいるとアジア人=中国人=金持ちだという認識が強くて、

金くれ、物くれ

ほぼ毎日言われる。もう7ヶ月経ったけど全く慣れない環境。長く一緒にいる同僚ですら直接はあんまり言ってこないけど、考え方はこう。

Give&Takeじゃなくて金持ちはGive&Giveだろ‼︎

最近そうんかなぁとも思い始めてきた。確かに、日本で働いてた時の給料なんて単純にFCFAに換算したら、彼らの月給の5倍以上は確実にあるし。でも、いい気はしない。自分がお金として見られてる気がしてならないから。 今の立場として来てなかったらちょっとは見方が違ったんかなぁ〜・・・

ボランティアがいる意味って何なんw?

そうなってくると、僕が今ここカメルーンに

「ボランティアとして来ている意味って何なんw?」

ということ。さっきも言ったけど、現地の人間の考え方や環境を変えるなんてまあ無理。かといって、お金をばら撒くために来てるわけでもないし、自分が頑張ってる姿勢を同僚達に見せたところで、

やってんなぁ〜

くらいの感じで高みの見物されて終わる。もちろん感謝を述べてくれるカメルーン人もいるけどごく少数。

Twitterでフォローしてる方がつぶやいていたけど、

ボランティアっていう捉え方辞めたほうがいいと思う。これは本当に同意!人材育成プログラムだって謳われて、こっちに来た方が活動に対してのギャップや違和感を感じなくて済む気がする。

現地の人間にマイナスにならないことを前提として、自分の経験値を高めるために来たって考え方を変えると楽になるし、活動もし易くなるんじゃないかな。

だって、協力隊員は別に必要とはされてないから。

国際協力って何なんw?

いつか世界を変える力になる」

そんなキラキラと輝いた言葉に導かれここに来たけど、国際協力って何なんwってめっちゃ考えている今日この頃。

先日、現地人向けのお米栽培の普及セミナーを開催した時こんなことがありました。

カメルーンで現地人向けにセミナーを開くとなると下記の3点は最低でも主催者側が用意するものだと言ってくるわけです。

・お昼ご飯を用意する
・セミナー会場までの交通費を出すセミナー
・参加期間の日当を支給する

これがカメルーンのやり方だ!!全部費用はお前らが負担しろと。ここまで言われると結構悲しくなります。

脱援助慣れを叩き込まれている自分としては、

Give and Giveが過ぎるやろ

との思いから何とか自分の考えを伝え、昼飯以外はお金は出さないという形で納得してもらいました。(腹が減っては戦はできぬ的なことを言われてそこには納得してしまったw)

だって

  • 情報提供は無料
  • セミナー会場の提供
  • 種子の無料配布

現地の人間にとってプラスになることはできているはずという曲げたくない考えもあったからです。

ところが、「脱援助慣れ」を口酸っぱく言ってる本家本元が開くセミナーにお邪魔した時、Give and Giveをしまくっていました。

「え、何なんw」

と自然と心の声が漏れてしまいました。もうここでわからんくなった。国際協力って何なんw?

国際協力に関しては、

お金を与えることは、必要悪なんですか?」

それとも僕が単に甘ちゃん過ぎるだけなんだろうか?

「途上国の人々の貢献できるような仕事をしたい」そんな思いをもってここ協力隊員として、カメルーンにやってきたわけですが。
最近は、

自分がやりたいことをやる、それが途上国の貢献に繋がっていれば◎」

くらいの考え方に変わってきました。別に悪いことじゃないと思っています。社会貢献は自分の大きなモチベーションの一つでもあるけど、やっぱり自分自信が楽しさ・やりがいを感じるものじゃないとダメみたいです僕は。

終わりに

「何なんw」ばっか言ってきましたが

最近この曲ずっと聴いてて、影響されやすい人間なんでずっとこの「何なんw」

藤井風(Fujii Kaze) – “何なんw ”(Nan-Nan) Official Video

が頭の中でリピートされてて。。。

ブログの内容と歌詞の内容は全く関係ないですが、めっちゃ良い曲なんで是非聴いてみてください。w

それでは、à bientôt

コメント